カメラマンの方と、撮影の反省会および今後の打ち合わせをしてきました。
PocketPC FAN GIRL の意図とするものが、伝えられたと思います。
にっこりぱっちりした笑顔の写真や、目線をカメラに向けているものなど、そういったものをつくりたいというわけではないことがわかってもらえたと思います。
そういったものは個人撮影だとか、撮影会でやってもらえばいいわけで、PocketPC FAN GIRL のコンセプトは別のものです。
ニッコリパッチリの写真も良いものだと思いますが、それより僕は憂いのある横顔を撮りたいです。
PocketPC FAN GIRL は今後もいくつか企画がもちあがることでしょう。
うったいかけたいものが見る方に伝わりにくいようで、伝え方については見なおししていかなければ意味不明のままなので考えていかなければいけないと思います。
表現力をつけたいです。